ユメウメイロ (Caesio cunning)

青い体に背中が黄色というパターンは、ウメイロモドキとそっくりです。実際、若いうちはほとんど見分けがつかないほど。お客さんからもよく「ウメイロモドキですか?」と聞かれます。しかし、ユメウメイロの方が黄色い部分の境界がぼやけたような感じなのと、大きくなると丸い“体型”になるので区別がつきます。図鑑(山と渓谷社「日本の海水魚」)には両方とも体長35cmと載っていますが、ユメウメイロの方が遥かに大きいように思えるのは気のせいでしょうか?それともこの辺の魚が皆大きいのと同じ理由?中層でよく群れているタカサゴの3点セットの一つです。単体の写真、スキャンしたら載せますのでしばしお待ちを・・・。