ヤイトハタ (Epinephelus malabaricus)

体長1m以上、とにかくデカイ。しかも丸々と太っている。チュンポンピナクルの北の根の周辺で、ホンソメワケベラにクリーニングされているのを良く目にする。サウスウエストピナクルでは、砂の上で動かずにやはりしょっちゅうクリーニング中の個体(右下写真)がいて、ダイバーが近寄ってもものぐさそうにちょっと位置を変えるだけ、という旺盛なサービス精神が有り難かったが、残念ながらこちらはいなくなってしまった。もっともこれは特別で、普通の個体はある程度の距離よりも近寄ると、岩の割れ目などに逃げ込んでしまう。大きいので離れた場所からでも観察できるのが強み。