タテフエダイ (Lutjanus vitta)

個体数があまり多くないせいか見られるポイントは少ない。かと言って珍しいというほどのものでもなく、レッドロックの岩の近くやサンゴのエリアでは普通に見られるし、なんとなく目立つ存在でもある。。場合によっては数匹単位の小さな群を作っている。無警戒なようでいてやや臆病なので、あまり近くでは観察or撮影させてくれない。居るところには居るのがわかっているので、はっきりした写真を撮ろうと頑張る気になれないからか、見ている割りには撮った写真が少ない魚。