テンジクダイの仲間

ちょっと見にはスカシテンジクダイだが、どうも断言できかねるところ。このエリアでは、こういった透き通ったテンジクダイの仲間はほとんど見ないのだが、考えてみれば8、9年も前には、スカシっぽいのがエダサンゴに群れていたりもしたので、もしかするとやっぱりそうなのかも知れない。う〜む、わからん。アオルークの砂地にある、我々がサバイディー(タイ語で気持ち良い)ロックと勝手に呼んでいる根に付いている。まだ数が少ないが、これから増えて根を覆うぐらいになってくれないか、と願っている。もちろん他のポイントにも進出して欲しいものだ。