ロクセンスズメダイ (Abudefduf sexfasciatus)

浅いサンゴや砂地にはウジャウジャいます。なぜかと言えばスノーケラーが餌付けしてしまっているからです。意地汚いので人を見るだけで集まって来て、講習のスキル練習の時などデモンストレーションが見えなくて困ります。人間側の問題ですが、餌付けは生態系も狂わすし、自然の姿でない生物を見るのも意味のないことですから、止めてしまった方が良いと思うのですが、まだまだタイは環境よりお金儲けが優先するようで当面は改善されないでしょうね。気をつけないと指などをかじられるので注意して下さい。