ニセクロホシフエダイ (Lutjanus fulviflamma)

確かに“クロホシ”は付いているが、明らかに黄色いラインが入っていてクロホシフエダイとは明確に区別できる。にもかかわらず何故ニセクロホシフエダイなのか?単なる憶測だが幼魚のうちは似ているのではないだろうか?もっとも幼魚を見たことはないが…。比較的浅いリーフ沿いなどで小さな群を作っている時も有る。すぐに逃げたり隠れたりしてしまうので、良く目にする割りには撮りにくい魚である。