Mozambique emperor または Tail-saddled emperorLethrinus erythtopterus


玉虫色の体色、ギョロ目、鼻筋のライン、尾柄部の二本線と際立った特長があるのに、しかもこの辺では普通に見る魚なのに長年正体がわからなかった。英名でモザンビークエンペラー、あるいはTail-saddled emperor。モザンビークというからにはアフリカ産?図鑑にもなかなか載っていない、ちょっとレアものである(エヘン!)目立つわりに臆病で2M位に近寄ると逃げてしまう。撮れそうでいて写真は難しい。