ミツボシクロスズメダイ (Dascyllus trimaculatus)

名前の通り白いミツボシが有るが、幼魚のうちははっきりしているのに、成魚になるとほとんど消えてしまう。成魚は体高も高く丸くなるので、フタスジリュウキュウスズメダイと見分けがつきにくくなる。この辺のフタスジリュウキュウは、成魚になると黒っぽくなってしまうので結果的に似てしまう。夜はサンゴのくぼみなどに体を寄せて寝ている(下写真)姿が見られる。地味だけれど寝姿はちょっと可愛い。