クラカオスズメダイ (Amblygyphidodon curacao)

浅いサンゴのエリアでは普通に見られるスズメダイですが、体色のパターンがちょっとロクセンスズメダイに似ているせいか、圧倒的多数のオヤビッチャやロクセンスズメダイの陰に隠れて、あまり目立たない存在です。群れずに単独でいる少数派のせいかも知れませんね。体色の薄く青味がかった感じに(肉眼ではこの写真より青く見えます)ちょっと透明感が有って気に入っているのですが…。ロクセンスズメダイなどと違って食い意地が張っていないようなのも、上品に見える理由でしょうか?