コバンアジ (Trachinotus baillonii)

モルディブの浅い砂地の写真などで良く被写体になっているので、南の海の魚としてはダイバーでなくとも馴染みが深いのではないだろうか?もっとも、浅場に来ている連中は餌付けされてしまっているのではないか、と個人的には偏見がある。この辺の海域ではチュンポンピナクルやセイルロックなどの深場のポイントで、水面近くにかなりの数で群れていることが多い。安全停止の時には良い暇つぶしになるが、近付くと離れていってしまうし群れも今ひとつ密集度に欠けるので、ワイドの写真は難しい。まあ、単独でも形が優雅で美しい魚なので、寄って撮ってみて下さい。追いかけすぎて急浮上しないように。