キンセンフエダイ (Lutjanus Lutjanus)

背中側が黄色っぽく、かつ黄色の横線が目立つ。単独で見られることはほとんど無く、時にはかなり大きな群を作る。岩礁の根の近くでは、流れていない時にはややバラけているが潮によっては集まってくるし、リーフ沿いではかなり密集して群れていて向こうが見えない。さながら黄色い壁か絨毯のように見える。色も綺麗だがダイバーが近付くことによって群が動いて形が変わり、ずっと見ていても飽きない。今気付いたのだが、学名がLutjanus(フエダイの属名)の繰り返しという事は、これぞフエダイの中のフエダイ!なのではないだろうか。