ケヤリムシの仲間

ケヤリムシ科、もしかするとその中でもカンザシゴカイの仲間かも知れません。鰓冠がらせん状や複数の段になっていなくて単純に広がっているのは、図鑑でも見つかりませんが、似たような種類ではないか、と勝手に考えています。同じ仲間ではイバラカンザシが圧倒的に多く、あちこちで目に付くのですが、それ以外の種類はあまり見かける事が有りません。それでも、サンゴの下のえぐれた部分などをのぞいて見ると、こういった少数派がひっそりと、しかし色鮮やかに開いているのも発見できます。鰓冠が羽根のようで柔らかそうに見えませんか?