イトヒキアジ (Alectis ciliaris)

図鑑で見るイトヒキアジの写真ほど体高が高くないように見えるので、一時期はテンジクアジかと思っていた。また、成魚のかなり大きい個体も目にするが、それはウマヅラアジとも区別が付きにくい。しかしまあ何度も見ているうちに『やはりイトヒキアジか』という事で納得するようになった。ちなみに背鰭や臀鰭の長〜い幼魚はなかなかお目にかかる機会がない。チュンポンピナクルなどの根には時々ペアで居着く事があり、しばらくの間は潜る度にグルグル根の上を回っている姿を見る事ができる。