イソギンチャクエビ (Periclimenes brevicarpalis)

以前はイソギンチャクカクレエビという名前で図鑑に載っていたと思います。イソギンチャクの触手の間や、外側の膜の下などに隠れていますが。よーく目を凝らすと見つけることができます。尾部にあるオレンジ色の斑紋が特徴的で良く目立ちます。この写真はオスですが、メスはさらに大きくて太っています。どういうわけか、オスの方が小さいのに良く見つかるような気がします。