フタスジタマガシラ(Scolopsis bilineata)

タマガシラの中では比較的“お馴染み”の魚だと思う。シンジュタマガシラなどのように群れることはないが、あちこちのポイントでしばしば目にする。形もきれいだし頭部の黒と黄色のパターンがはっきりと目立って印象の強い魚だが、同じタイでもアンダマン海側にいるものは、黄色が薄くてなんだかボンヤリした印象になってしまう。全体的にはアンダマン海側にはカラフルな魚が多いのだが、両方に分布している種類に限っては、タイ湾側の方が色彩がはっきりしている傾向が有って面白い。幼魚のうちは背中が鮮やかな黄色で、さらに美しい。