フタホシタカノハハゼ (Cryptocentrus sp.

黄化個体はギンガハゼに良く似ています。さーて、どこが違うでしょう?この写真のように、完全に黄色くなっていない個体では、横帯の入り方が違うのがわかりますが、確実なのは背ビレの形と、腹ビレに縞模様が入っていること(良く見るときれいです)。和名の「フタホシ」の由来は頬に有る二つの黒い斑点ですが、黄化個体でははっきりしないため、なおさらギンガハゼと区別しにくくなります。和名の残り部分の「タカノハ」は、確証は有りませんがこの腹ビレの縞模様が「鷹の羽」に見えるからではないか、と考えています。ギンガハゼとは生息域が違っていてやや深場にいることが多く、両者が同じ場所にいるのは見たことが有りません。個体数もあまり多くありませんので、見つけたらジックリ「フタホシ」と「タカノハ」を観察してみて下さい。