red whip coral (ctenocella pecinata)

whip coralと言うのは、どうやらヤギの仲間の一部を指す総称(一部だから“総称”ではないか)のようです。このタイプは通称でハープコーラルと呼ばれます。まあ見ての通り、平行に伸びた枝が楽器のハープの弦のようなので、異論は無いでしょう。比較的流れの無い海ですが、ポイント(タオの東側に多い)によっては時々流れるので、そういった場所で流れて来るプランクトンなどを捕まえるために枝を広げています。残念ながら、こちらの海は流れると濁りが入る事が多く、タイミングが悪いと綺麗なソフトコーラルはなかなか見る事が出来ません。もう一つ残念なのが、浮遊物が引っかかってしまうので、綺麗な写真が撮りにくいという事です。肉眼では黒っぽく見えますが、ストロボを当てると赤く色が出るので、ワイドも寄ってマクロもお勧めです。