ハナギンチャクの仲間

ハナギンチャクのようですが確証は持てません。割と深めの砂地にチョコチョコ生えています。ハナギンチャクにしては触手が短めで小さいので、他の種類かも知れませんが、とりあえず『綺麗だからいいか』と無責任に考えています。色彩のパターンはあまり無く、ほとんどがこういった淡い黄色と紫の組み合わせです。砂地から立ち上がった体壁の部分に、エビが付いている事もたまに有ります。