ハクセンタマガシラ (Scolopsis ciliata)

これまたこの辺では非常にポピュラーなタマガシラの仲間で、シンジュタマガシラと同じようにサンゴの周辺にバラけた群れを作っている。また時には両種が混じって群れている事もある。ちょっと目には白っぽいだけで地味な印象だが、名前の由来になっている背鰭付け根の白線だけでなく体側には黄色い斑紋が有り、目も黄色で非常に鮮やかだ。しかも、よーく見てみるとクチビルが微妙に青い。肉眼で見ても透き通ったような上品な色合いで、なかなかセンスが良いと思うのだが。水底から少し浮いてホバリングしている時が多く、あまり泳ぎ回らないので間近で観察できる。なにげなく見過ごしてしまいそうだが、顔のアップをしっかり見てもらいたい魚だ。