ガラスハゼ (Bryaninops yongei

イソバナガニの項でも書いたが、このエリアの海はムチヤギがやたらと多いので探していくのは大変な作業である。しかしまあマメに見ていけば見つかる事も有る(確率低くてごめんなさい)。普通潜ることの多いタオ島の両側のポイントではあまり見かけず(他の魚や生物を見ているので探さないせいも有るが、どちらかと言うと東側のポイントに多い。チョロチョロ動き回るので撮りにくいが、時にあまり動かない個体もいます。そういうのに当ればラッキーなのだが・・・。