ガンガゼカクレエビ(Tuleariocaris zanzibarica

サムイ、タオの海にはガンガゼが多い。昼間でもそこらじゅうに“整列”しているが、『これだけ多ければエビでも付いているだろう』と探してみると、時々このエビが見つかる。昼間はガンガゼの色に同化していて分かりにくいが、夜は赤になるのでライトを当てれば割と簡単に発見できる。もっとも、いくらマクロモードを使おうが、ガンガゼのトゲの長さ以内には近づけないのでアップの写真は難しい。くれぐれも刺されないように注意!