オオサンゴサラサエビ (Cinetorhynchus striatus)

クルーズのオリジナルポイントの岩場でナイトをやると、このエビがウジャウジャ。ここはタオでは珍しく、というよりこのエリアにはいないと思われていたロブスターがいるポイントでもあります。ご承知のように、夜は甲殻類の目玉が光るので見付ける事は容易ですが、ここではあちこちで目玉がキラキラしていて、もう本当にウジャウジャです。ちなみに、この辺で見られるサラサエビの仲間で、最も数が多いと思われるのがエンヤサラサエビ、少数派はスザクサラサエビで限られたポイントでしか見ないのですが、このオオサンゴサラサエビはさらに少数で、他のポイントではほとんど見た事が有りません、が、ここではウジャウジャ。不思議ですね。 (撮影・コメント MARCY)