キンセンイシモチ (Apogon properuptus)

口内抱卵する事で有名?ですが、そういう状況でなくとも名前の通り金色の縦線が美しい魚です。でも、お勧めはナイトの夜間色。体全体が銀色に光って透き通った感じになり、金色の線も一段と輝きを増します。テンジクダイの仲間は夜行性なので、昼間は岩の下などに隠れていますが、夜には外に出てくるので見付けやすく、しかもあまり逃げません。どちらかというと幼魚の方が"輝いて"いるように思えます。(コメント、撮影 MARCY)