ミナミウシノシタ (Pardachirus pavoninus)

平べったい体に細かい模様、その上砂をかぶっていようものなら、見付けにくい事はなはだしい。しかし、よせばいいのに動いているのである。もっとも全く動かずには生活もままならないのだろうけれど。で、見付けたのはいいが、写真にはこれまた撮り難い。ストロボを横から当てたりするが、平ら過ぎて影も出ない。仕方が無いので目玉に寄ってみたりするけれど、『こいつはナンだろう?』という画になってしまう。面白いけれど困りもんの魚としか言いようがない。(コメント、撮影 MARCY)