ヤミハタ (Cephalopholis boenack)

 ごくごく普通にどこにでもいる、何の変哲もない普通種です。しかもヤミハタと言うだけあって体色が地味。通常なら、カメラを持っていても見向きもしない魚でしょう。しかし、顔の真ん中を通る白い縦線(帯というべきか?)、正面から見ると助六っぽくて面白くないですか?それにこの写真のようにソフトコーラルに埋もれて、あたかも入浴中のようだったり、大きなカイメンの中から顔を出して"外界"をのぞいていたり、なんだか人間が理解できそうな行動が、これまた面白い。サイパンMOCのヒロさんだったら、会話させちゃうんでしょうね。他でも記述していますが、ハタの仲間は目の表情も豊かだし、こんな地味な魚でも魅力的な被写体です。ある程度大きい上に動かないので撮りやすいですしね。