マテアジ (Atule mate)

マアジに似ていますが、尾びれが黄色いのが特徴なので、すぐに見分ける事ができます。以前はマンゴーベイなどの浅場に時々入って来るのを見かける程度でしたが、最近数が増えたのか、沖合いの岩礁のポイントでは、必ずと言っていいほど見ることができるようになりました。ちょうど岩壁に沿ってクロリボンスズメダイが群れている辺りを行ったり来たりして様子をうかがい、時々猛スピードで群れに突っ込んで捕食するシーンは迫力モノです。ペアで泳いでいる時には、信じられないほど動きがシンクロしているのが不思議です。動きが速いので、撮影はデジカメで「数打ちゃ当たる」しかないでしょう。 (コメント、撮影 MARCY)