バブルコーラルシュリンプ (Vir philippinensis)

 ミズタマサンゴの中から、時々顔をのぞかせているエビですが、小さい上に透き通っているので見付けるのが一苦労。最初はまず触角を探して見ましょう。大きいはさみ脚に線が入っていないとアカヒゲカクレエビらしいのですが、この写真でははっきりしないので、正直言ってどちらだか確信は持てません。どうやら甲殻類は増えたり減ったりの周期が有るらしく、かなり効率良く見付けられる時も有りますし、いくら探しても空振りばかりが続く事も有ります。脅かすとミズタマサンゴの隙間に潜ってしまいますが、そうでなければ動かない被写体なので、落ち着いて撮影できます。ただ、ファインダーの中で確認するのが難しい上に、ピントもなかなか合い難いので、けっこう難しい撮影になると思います。 (コメント、撮影 MARCY)