シルバーダムゼル(Neopomacentrus Anabatoides)

サンゴの上におびただしい数で群れているのですが、長いこと名前のわからなかったスズメダイです。タオのBIG BULEの大村さんが「大方洋二先生に教えてもらった」というのでようやく判明したものの、出展は不明のままです。尾ビレの縦帯がマツバスズメダイやオオナワスズメダイに似ていますが、明らかに別種。本当の体色は地味なのに光線の加減によってはキラキラと光って見えるので「Silverなのかな」という印象です。浅場のサンゴの上で、カーテンのように群れている様子がとても魅力的。