クロホシフエダイ (Lutjanus russelli)

チュンポン、サウス・ウエスト、セイル・ロックなどの、比較的水底に近い場所に群れています。遠くから見るとキラキラ光って見えるため、一瞬『ギンガメアジか?』とだまされたりもします。手頃な大きさの密集した群れを作るので、被写体としては、なかなか好感の持てる連中です。モノクロっぽいけれどきれいですよ。