カスミヤライイシモチ (Cheilodipterus artus)

テンジクダイの仲間の中でもかなり大型のもの。若いうちはヤライイシモチ類に共通する(と思います)尾ビレの付け根の黄色い点がきれいなのに、成長するといやに目付きに迫力の有るコワモテの魚になってしまいます。口内抱卵していても、口を開いてくれる個体は少なく、この写真のように卵が見えるのは超ラッキーです。