スザクサラサエビ (Rhynehocinetes durbanensis)

ナイトダイビングでは、ロブスターはいないが、サラサエビの仲間は良く見付かる。だが、スザクサラサは比較的少なく、エンヤサラサがほとんど。ところが去年、クルーズで停泊しているアオ・ルークの砂地の根に、ウジャウジャ付いているのを発見してしまった。光を嫌ってサンゴの中に隠れてしまうので、撮影はちょっと難しい。他には、なんとセイルロックのチムニーの中などにもいたりする(昼間でも見付かります)。