オトヒメエビyg (Stehopus hispidus)

昼間でも見ることができますが、穴の中にいるので、ナイトの方が出てきてくれて観察が容易です。紅白のおめでたい体色に、スーッと伸びた触角が、いかにもオトヒメ。若い個体の方が細くって可憐です。これもまた、アオ・ルークの砂地の根で、ほぼ間違いなく見つける事ができます。ちなみに、この根にはソリハシコモンエビもウジャウジャいるので、いずれ、写真でご紹介します。