ハタタテサンカクハゼ(Fusigobius longispinus

なぜか紹介される事の少ない魚ですが、ピーンと伸びた背ビレと言い、半透明の体色と言い、黄金色に光る斑紋と言い、なかなかのモノだと思うのは私だけでしょうか?ちなみにこの斑紋は肉眼だと黄色っぽくしか見えないので、水中ライトを準備するかストロボでしっかり押さえて写真を撮りましょう。光を当ててもあまり気にはしないようです。余談ですが、オニハゼの斑紋も光を当てると金色できれいです。岩場のオーバーハングや穴の中の砂地にいて、チョコマカと動き回っています。そうそう、緑色の瞳も魅力的です。