Metaric shrimpgobyAmblyeleotris latifasciata

共生ハゼマニアの中では垂涎の的、日本にはいないので和名が有りません。最初に見つけたのはチュンポン・ピナクルの水底30mで『深場の魚だなあ』と思ったのですが、その後ホワイトロックの22mで見付けて『しめしめ』とほくそえんだのも束の間、クルーズの係留場所の下、15mにもたくさんいるのがわかりました。という事で、今では減圧やエアも気にせずジックリ観察できるのです。砂の色によって体色の濃さが変わると言われていますが、この辺のは同じような感じですね。顔の周りの斑紋がまさにメタリック!サイパンのMOCのヒロさんが『タオのは恐ろしい程に近寄れてしまう』と絶賛していました。