チョウチョウコショウダイ (Plectorhinchus chaetodonoides)

幼魚のうちは褐色の体に白い水玉模様がオシャレで、頭を下にしてフリフリ踊っています。一説ではヒラムシに擬態しているという話ですが、小さければ小さいほど動きが激しく、それだけで生きて行けない位消耗しちゃうんじゃないか、と心配になってしまいます。やや大きくなってから(と言っても5cm程度)の方がヒラヒラ感が優雅できれいに見えるような気がします。若魚になると水玉模様が消えて斑点になり、成魚はちょっと無骨な感じです。大人になると図体が大きくなるクセに臆病で、すぐに岩陰などに隠れてしまうので、見かける頻度が高い割りには撮りにくくなります。幼魚はほとんど逃げないのに・・・。