チータウミウシ (Risbecia tryoni)

この辺りでよく見られるのはイボウミウシの仲間ばかりで、たまにこういった“ウミウシらしい”種類に出会うと妙に嬉しい。とはいうものの、これがなかなか見つからない。写真の個体は、たまたま他の被写体を撮ろうとして、着底する場所の確認をした時に見つけたもの。大きさは爪ぐらいで、最初から探そうと思っても見つからなかったろう。『広い海の中なのに、こんなちっぽけな存在に偶然出会えることも有るんだな』と思うと、ジンベエザメよりもスゴイんじゃないか、という気がする。