チドリミドリガイ (Plakobranchus ocallatus)

マンゴーベイの砂地を這っている時に見つけたものです。、ハイシーズンになって「砂地に張り付く」ダイビングをしなくなってしまうので、それ以降は見たことが有りません。「ウミウシガイドブック」(小野篤司・阪急コミュニケーションズ)には「共生藻を持ち、光合成を行うとされる」と記載されていますが、だったらもっとその辺に出てきてウロウロしていても良さそうなものだ、と思うのは素人考えでしょうね。多分個体数も少ないのでしょう。