アヤメエビス (Sargocentron rubrum)

サンゴや岩の下、暗がりをのぞくと小さな群れを見つけることができる。体色が紅白でおめでたい魚である。だから名前もエビスなのだろうか?この海域では、イットウダイ亜科はおそらくこれ一種類のみだと思われる。もっと揃って群れていてくれれば良いのだが、数が多くないクセにまとまりが無いので、写真を撮るといつもバラバラ。