アトヒキテンジクダイダマシ (Archamia fucata)

アトヒキテンジクダイの仲間も、区別がつき難い。やや透き通ったピンク色の体色は共通しているが、尾柄部の黒斑が大きくてはっきりしているのがアトヒキテンジクダイダマシ、また、エラの後ろ辺りに赤い点が有ればスミツキアトヒキテンジクダイ、これらの特徴がなければただ?のアトヒキテンジクダイになる。しかも、これらが混ざって群れているので、もう見分けようなどという気さえ無くなってしまう。ちょっと見た目は一緒だし『ま、いいか』と考えるのが人情というもの。ただ、群れは結構美しい。普通テンジクダイの仲間は暗がりを好むのだが、場所によってはサンゴやイソギンチャクの上、ブラックコーラルの枝の間などに群れているので、被写体としてお勧め。左上の写真のように下アゴが膨らんで黄色っぽくなっている個体は、口内抱卵をしていると思われるが、まだ卵を撮ったことはない。