サムイ島基本情報

※ページ更新中です。一部お見苦しい箇所がございますが順次改定していきますのでご容赦下さい。

サムイ島って?

サムイ島はタイ湾に浮かぶ80余りの群島の中核をなす、面積約247k㎡、人口約60,000人のプーケット、チャーン島に続く国内で3番目に大きな島です。
椰子の木に囲まれた島ということから、別名ココナッツ・アイランドと呼ばれています。近年急速にリゾート開発が進んでいますが、サムイ島では自然の景観を守るため、ココナッツの木より高い建物を作ることを禁じています。
自然と一体化したリゾート造りはプーケットと一味違う魅力をもたらし、観光のみならずリタイア後の住処として欧米や日本でも注目を集め始めています。


島内移動手段

サムイ島内の移動に使われるのは、主にタクシーもしくはソンテウと呼ばれる乗り合いバン。
近距離や路地の中などはバイタク(バイクタクシー)の利用も便利。レンタルバイク、レンタカーも多いが、道路が悪い上タイ人の運転は荒っぽいので事故に注意!

TAXI

ほとんどのタクシーにMerter Taxiの表示が付いているが、実際にメーターを使用しているのは皆無。実質料金交渉制となっています。
料金の目安は最低でも150B位~。隣のビーチまでで200~300バーツ前後、チャウエン~空港へは500バーツ前後。ソンテウの走ってない区間、夜間などは料金がややUPするので乗車前に必ず確認を!

ソンテウ(乗合いバン)

エンジ色の屋根付きピックアップバンがソンテウと呼ばれる庶民の足。
昼間は決められたルートを走る路線バスがほとんどですが、夜間はすべて乗り合いタクシーとなります。料金の目安はチャウエン内20~30バーツ、チャウエン~ショッピングセンターだと30~50バーツ、チャウエン~ナトンで100バーツぐらい。ルート外を走る際、夜間の際は料金交渉制。

レンタルバイク

あちこち見て回るのに便利なのがレンタルバイク。基本は24時間単位のレンタルで、料金はギア付きのカブタイプで150~200バーツ、ギアの付いていない原付タイプで200~300バーツ程。
ガソリンは自己負担となるので借りた際には殆ど入っていないので要注意。借りる際には保証の為にパスポートを預けさせられるところがほとんど。
タイ人はノーヘルで走り回ってますが、もちろん違反です。安全のためにも必ずヘルメット着用を!(検問に引っかかると罰金500Bはとられます)
また紫外線が強いので日焼け対策に上着(長袖)の着用をお薦めします。悪路が多い上、砂が多くスリップしやすいのでスピードの出しすぎにもご注意ください!!


通貨単位 BAHT バーツと読む
為替レート 1バーツ=約3.7円 (1万円≒2700B)
ビザ 空路で入国する場合は30日以内の観光はビザ不要
近隣国からバスなど陸路で入国する場合は15日
時差 日本との時差-2時間(日本9:00=タイ7:00) GMT+7
電話番号 タイの国番号は66 サムイ島の市外局番は077
インターネット ホテルやカフェ、公共スペースではWiFiフリーの所が殆どですし、街中にも公共のフリーWi-Fiスポットが増えてます。(ICT Free Wi-Fi/要登録)逆にインターネットカフェは年々少なくなっています。
電話 公衆電話からの国際電話もOK(日本の国番号+81)。
テレホンカード式電話機(カードはコンビニなどで購入)とコイン式電話機がある。コイン式は市内でも落ちるのが早いので多めに用意。
5B,10Bを入れると使い切らなくてもお釣りは未使用コイン分しか戻らないので注意。
コンビニなどでプリペイドSIMカードが気軽に購入可能。
郵便 日本へは約4~7日ぐらい。EMSも普通郵便も所要日数はほとんど変わらないが、たまに迷子になるので、確実に届けたいものはEMSを利用したほうがベターです。サムイ空港搭乗ゲート入り口にも簡易郵便局があり。
両替 銀行系の両替所が街のいたるところにある。営業時間は場所によってマチマチですが、朝は早いところでも9:00頃からしか開きません。
日本円は現金(紙幣のみ)ならどこでも問題なく両替可能。
レートは銀行系ならどこも大体同じ。ホテル内、旅行会社ではやや劣る。
日本で両替するよりは格段にレートが良いのでタイ国内での両替がお勧めです。
電圧 電圧は220V、コンセント形状は日本と同じ
クレジットカード VISA、Masterが中心。3~5%の銀行手数料がチャージされることが多い。当ショップでもVISAとMasterが使えます(銀行手数料VISA3%、Master4%)
買い物  ほとんどの生活必需品は島内でそろいます。
大きなところはメインロードにある大型スーパー[LOTUS] [BIG C]、業務用スーパー[makro]の他チャウエンビーチに[Central Festival]、ボプットビーチに[The Warf]というショッピングモールもあります。コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート)やミニスーパーも至る所にあります。 
アルコール 法律で販売時間が11:00~14:00と17:00~22:00に制定されています。時間外はスーパー等では購入できませんのでご注意ください。
また年数回の仏教日と選挙の前日~当日夜まではアルコール販売が禁止されています。(レストランで飲酒する分には問題ありません)
水道の水は飲めません。飲み水はペットボトルで購入。
タイ人も決して飲みません。屋台や食堂で出される水や氷も飲料水が使われているので大丈夫です。
気候&服装 最高気温27~34度、最低気温22~26度ぐらいと1年を通して半袖でもOK。
但し冬場や夏でもスコールの後などは肌寒さを感じることもあるので、薄手の長袖はあったほうがよい。日焼け対策は通年を通して必要。
チップ 強制ではないが、渡して気を悪くされることはまずないです。TIP BOXを設置しているところも増えてます。
一般のタイ人の消費価格はタバコ一箱が約65B、ビール大瓶約60B、昼食代で50~60Bなので、チップ額を決める際の目安に。最低20B~
ホテルでのピローチップやポーターへのチップは20~50B位が目安です。
持ってくると便利な物 虫さされの薬・日焼け止め(SPFの高いものはない)・小型の懐中電灯(停電対策)・正露丸や総合感冒薬などは日本からの持参をお勧め。
薬局では処方箋無しで薬の購入も可能ですが、タイの薬は強すぎることもあるので注意。
小さな子供連れの方は虫除け、ベビーフード、粉ミルクも持参をおすすめします。
ダイビング  スタイル サムイ島周辺は遠浅で透明度もあまり良くないためビーチダイブは稀に講習で行う程度。基本はタオ島周辺への1日ツアー(2ボートダイブ)となります。スピードボートでタオ島まで約1時間半、セイル・ロックまで約45分。
水温&スーツ 年間を通じて27度~32度と暖かい。スキンスーツでも大丈夫なぐらいですが、3mm程度のものがいい。またプランクトンが多いのでロングの方が望ましい。
レベル 年間を通じて流れは穏やか。雨季(10月下旬~12月半ば)は天候が荒れることが多いのでほとんどのダイビングショップがクローズとなります。
休業  サムイダイビングでは例年雨季にあたる10
月末~12月20日前後の期間休業いたします。また1月1日と4月13日(タイ正月)はほとんどのボート会社が休業いたしますのでご予約をお受けできないこともございます。

サムイ島基本情報は2015年05月現在のものです。
情報内容が変更になることもありますので、最新の情報を入手して下さい
最新の情報を知りたい・聞きたい方はお気軽にお問い合わせ下さいsamuidiv@cscoms.com

     

最新情報をいち早くGet!


【Facebook】

ローカル情報満載!


【サムイぷらぷら日記】

最近の海の様子は⁈


【たおみせブログ】

まとめて予約で楽ちんお得♪


【タオ島宿泊パッケージ】

タオ島支店もご利用ください


【たおみせホームページ】

一日からでも気軽にダイビング♪


【重器材無料レンタル】

サムイの雨季はプーケットがシーズン!


【KATA DIVING SERVICE】
c2001 SAMUI DIVING SERVICE All Right Reserved.


ページのTOPへ